成年後見等ご相談

 私は、成年後見人、保佐人、任意後見受任者としての実務経験があり、現在も受任しております。
  成年後見等の仕事は、非常に責任が重く、様々な判断や決断力を要し倫理観が重要であるとらえています。
 ご本人様との面談・相談、日常の預貯金の出し入れ、必要な物の購入、福祉サービスの契約・解約、各担当者様との相談各種手続き、家裁裁判所後見センターへの定期報告、ご親族様との連絡調整など様々な仕事があります。
 社会保険労務士業務とは仕事上非常に関わりが深いため社会貢献の一環として、ご相談を承ります。相談は無料です。

《ご相談に関して》

 成年後見等のご相談は非常に重い内容です。
それをしっかり受け止めて、今後のご相談をさせていただくのに私の所属する「一般社団法人社労士成年後見センター埼玉あさか支部」のメンバーと複数で対応いたします。
私共は、毎月成年後見等の研修に参加し研鑽しております。
いずれの者も個人情報保護、守秘義務の責任は果たします。

成年後見制度とは

 判断能力が十分ではない方(認知・記憶等に障害がある高齢者、知的障害者、精神障害者など)を、法律的に保護し支えるための制度です

 例えば預金の出入れ、福祉サービスを受ける契約の締結、遺産分割協議、不動産売買等、判断能力がないとそのような行為はできません。それを援助する制度です。本人が亡くなるまで続きます。

成年後見等の分類

後見判断力が全くない場合
保佐判断力が著しく不十分な場合
補助判断力が不十分な場合

成年後見等の手続き

申立の準備~審判確定・登記

⇒ 申立 *主に親族の方が行います。
 *申立時に、後見人、保佐人、補助人の候補者をどうするか、十分なお話合いやご相談が必要になります。最終的には裁判所が、後見人、保佐人、補助人を決定します。

⇒ 調査・鑑定
 *申立人調査・候補者調査・本人調査及び面接・親族への照会
 成年後見等の分類の鑑定などがあります。

⇒ 裁判所からの、後見/保佐/補助開始の審判

⇒ 審判確定
 *この時点で、後見人、保佐人、補助人が就任します。

⇒ 登記 *裁判所が行います。

成年後見等報酬

 ご相談は無料です。

 正式に成年後見人、保佐人、補助人に就任した場合、家庭裁判所が、ご本人の財産の状況及び成年後見等の活動内容により報酬を決めます。

 任意後見等報酬

 任意後見は判断力のある方との契約により成り立ちます。
公正証書により、判断力のあるうちにご相談の上決めて行きます。

    

成年後見等

お問い合わせ

  • お問い合わせフォーム
  • Tel:048-472-1692
    (13:00~18:00)
  • 対応地域
    志木市  朝霞市
    新座市  和光市
    他近隣地区
  • 社労士事務所なでしこ
    〒353-0006
    志木市館2-4-6-502
    代表 特定社会保険労務士 貝瀬 美智子
    代表 特定社会保険労務士
    貝瀬 美智子


    社会保険労務士個人情報保護事務所
厚生労働省
日本年金機構